Haruka Nagao VIOLINIST
これまでに、ソリストとして、東京交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、セントラル愛知交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、群馬交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、神戸市室内合奏団、シンフォニエッタ静岡、山形交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、静岡交響楽団、芸大フィルハーモニア、フランス国立放送フィルハーモニーオーケストラ、オマハ交響楽団、ドナウ交響楽団、アルメニア室内オーケストラ、サヴァリア交響楽団等と共演。
弦楽四重奏団「Quelle Quartett(クヴェレ・クァルテット)」で東京藝術大学とウイーン国立音楽演劇大学の共同プロジェクト「haydn total」(ハイドン弦楽四重奏曲全68曲CD録音)に参加。2010年、第20回リゾナーレ室内楽セミナー「緑の風音楽賞」受賞。

2009年より、アイワ不動産イメージキャラクター。
2011年より、一般社団法人ふじのくに文教創造ネットワークFCN音楽大使。
2013年、シャネルピグマリオンデイズ アーティスト。
2014年より、掛川お茶大使。
2015年より、キラリ上尾PR大使。
2017年より、輝くかけがわ応援大使。

2011〜2013年度、公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生。
2015〜2016年度、明治安田クオリティオブライフ奨学生。

2012年より3年間、シンフォニエッタ静岡ソロ・コンサートマスターを務める。
2016年より、ハンガリー国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターに就任。

これまでに、篠田真美子、江藤アンジェラ、故江藤俊哉、景山裕子、沼田園子、ジェラール・プーレ、ボリス・クシュニール、青木高志、岡山潔、玉井菜採、ペレーニ・エステルの各氏に師事。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部弦楽科、同大学院修士課程を首席にて卒業、学内にて安宅賞、アカンサス音楽賞受賞。グラーツ国立音楽大学ポストグラデュアレ課程修了。現在、東京藝術大学大学院博士課程、リスト音楽院在学中。
Copyright (C) Haruka Nagao Official Web Site All Rights reserved.